クレジットカードの依存性について
NHK受信料

クレジットカードの依存性について

高額な買い物であっても、信頼してカード一枚で取引が行えるクレジットカードは、社会人の一種のステータスです。
クレジットカードでの支払いは便利なものですが、あくまで現金の代わりであるということを忘れてはいけません。
利用限度額まで目いっぱい使ったとしても、それは湯水のごとく沸いて出るお金ではなく、自分の債務として跳ね返ってくるということです。
クレジットカードに依存してしまい、高額の買い物をすることがやめられずに、多重債務状態などに陥り、身を持ち崩す人のことをカードホリックと呼びます。

アルコホリックやワーカホリックと同じように、このような単語が用意されているほど、この状態に陥る人の数は多いのでしょう。
クレジットカードで一度豪奢な生活をすることに慣れてしまうと、人付き合いや行動パターンも、リッチなものにシフトしていきますから、一度手に入れたそのような生活を手放すことに恐怖を覚え、結果としてカードホリックに陥るようです。
あくまでカードは自分が今まで現金で払っていたものの代替として利用するのが賢明です。

もしカードホリックに陥ったら、債務整理を頼むなどしてすぐに正常な状態に復帰しましょう。
借金地獄から回復するために手を打つのは、早ければ早いほどいいのです。

このページの先頭へ